こんにちは、たなかりんです。在宅でWebライターというお仕事をしています。
ネットビジネスを行ううえで、光通信への加入がなぜ必要かということと、お得に加入する方法について記事を書いてきましたが、締めくくりに、私の体験談をお話します。

最初はやっぱり「対面」で相談してみた

光通信の必要性についての記事をまだ読まれていない方は、
ぜひこちらから読んでみてください。

https://tanakarin.com/hikarikaisen/

 

さて、光回線の開通には工事が絡むので、できればショップさんなど、近場で頼みたいですよね。何かしらのトラブルがあったときに、すぐに対応してもらえないと困ります。

 

そこで、最初は近所の家電量販店さんとパソコンショップに、まずは相談に出かけました。
その結果、分かったことは、思っていたよりキャッシュバックが少ない、ということ。

 

できるだけ安く済ませたいので、オプションは何もつけませんでした。
モデムも一番安いもので構わない。テレビなんかいらない!、新しいパソコンは欲しいけど、プレゼントでもらえるパソコンは残念ながら欲しいスペックを満たしていませんでした。

 

新規加入の案内広告には、「最大60000円のキャッシュバック!」とデカデカと書かれています。これを見て、オプションやプレゼントを選ばなくても、3万円くらいはキャッシュバックがあるんじゃないかな?と、甘く考えていました。
ところが、私の相談内容では、キャッシュバックは12,000円しかない、というおはなし。
その金額じゃ、パソコンどころかタブレットも買えません。

 

この時点で、家電ショップで契約するという選択肢は私の中から消えました。
ですが、応対が一番ていねいで、説明も分かりやすかったのは、家電ショップやパソコンショップさんです。

 

光コラボもちょっと気になった

次に出かけたのはスマホのショップです。

その当時、私がほかに契約していた通信サービスはスマホとポケットWi-Fi。
スマホのキャリアはdocomoで、ポケットWi-FiはヤフーWi-Fiでした。
ヤフーWi-Fiは2年しばりが解けた時点で解約するつもりだったので、コラボを検討するならdocomoしかありません。そこで、docomoショップへ相談に出かけました。

 

その結果、私の契約内容では、安くなるどころかむしろ高くなる!という驚愕の事実が判明しました。

文字通り「ブランド」が人気のdocomo。

ずっとdocomoを使っていて、今後も載せ変える気もないから、docomoで光コラボを契約すると少しお安くなる……ように見えます。

 

しかし、実際に店頭で価格表を見ながら金額を算出してもらったところ、スマホの単一契約しかない場合は、コラボにしない方が月々の利用料が安かったんです!
家電量販店さんの場合と同じで、「安くなる条件」を私が満たしていなかったんでしょうね。
(※いずれも2015年当時の内容です。割引金額はつねに変動しています。)

 

…ということで、自己アフィリエイトを見ると…!

自己アフィリエイトでお得に加入する方法の記事をまだ読まれていない方は、ぜひこちらから読んでみてください。

https://tanakarin.com/hikarikaisen2/

家電ショップでは12000円のキャッシュバック、パソコンショップではキャッシュバックがない、スマホと光コラボすると、月々の費用がむしろ高くなる。

 

これらの状況を先に確認したうえで、自己アフィリエイトの報酬を見ると、金額の高さに腰を抜かしました。家電ショップと同様に、契約するとキャッシュバックがあるだけでなく、それとは別にセルフバック報酬もあるんです。
しかも、一番セルフバック報酬が高いサイトは、なんと38,000円!

 

契約した場合のキャッシュバックは「最大60000円!」「月々大幅割引」と書かれています。
この金額は、これまでのリサーチから考えると、多分、私には当てはまらない。
せいぜい、12,000円ぐらいだろうなあと思いました。
それでも、セルフバック報酬と合わせると50,000円です。

 

2~3割増しぐらいなら家電ショップで契約しようと思っていたのですが、その差は4倍以上で金額にして数万円。
選択の余地はありません。自己アフィリエイトで契約することに決めました。

 

キャッシュバックが一番高い代理店を迷わず選んだ…ら!

とにかく1円でも多くキャッシュバックを受けたい!、それしか考えていませんでした。
ですから、ただただ報酬の高いサイトを選び、そのまま「見積もりフォーム」に入力しました。

ソッコーで電話がかかってきた!

その後、電話がかかってくるまでに1~2時間もあったでしょうか?
なんの心の準備もできていないし、光回線の開通工事がどんな内容で、初期設定にはどんな機器が必要で、どんな手順で行うのかなど、まったく調べていない状態でした。
「何とかなるだろう」と、かる~く考えていたんですね。

 

そうして電話を受けると、始まったのは

「ウルトラマシンガントーーーク!!!」

 

様々なオプションの内容と、どのオプションを付けた場合のキャッシュバックの金額がいくらかということを、ものすごい早口で説明してくれました。そのときの正直な感想を言うと、

 

「何を言っているのかまったく分からない」

・・・・・・・・

 

とにかく説明が終わるまで、我慢して聞き続けました。
そして、ひととおりの説明が終わったところで、オプションは何も必要ないということと、
プロバイダを指定したいことを告げました。

私が指定したプロバイダはYahoo!BB。
すると、またまたいろいろな面倒が発生したようです。

不思議な縛り(しばり)

これとこれを必ずオプションに指定しないと、セルフバックが受けれないという
「不思議なしばり」があったんです。

いずれも初月は無料のサービスだから、1ヶ月以内に解約すれば料金は発生しないということでした。ほかにも「お得なオプション」というものが無数にあり、説明をする決まりがあるらしく、聞きたくなくても聞かなければいけないらしい・・・

 

電話で聞くにはあまりにも内容が多く、私の頭のキャパシティを超えつつありました。
その中でも極めて重要なオプションが、専用のモデム(ホームゲートウェイ)のレンタルサービスです。レンタル料は月540円。

 

必要かと聞かれても、すでに自分で判断がつく状態ではありません。
電話口の方に必要性を聞いてみると、無くても困らないと言われたので、
「じゃあ、いりません」と答えました。

 

すると、一度使ってしまうと解約手続きが面倒だから、
必要ないなら、送られてきたモデムを受取り拒否で返品すればいいと言うんです。

 

んん??、それなら最初から送ってもらう必要はないんですが、なぜか、
「必要ないから送付しなくていい」という選択はできないとか。不思議な仕組みです。

代理店の位置づけは?

今にして思えば、これらさまざまな「不思議な仕組み」の理由はうすうす分かります。

「代理店」は、たくさんの大きな会社の間に入って「窓口業務」を代行してくれているだけです。型通りの電話応対と業者手配を行うだけで、イレギュラーには対応できないんです。
ここでは、こういう仕組みだということだけ覚えておいてくださいね。

 

ここまでのやりとりで、私はとっても頭が疲れました。
ほかに見積もりを頼む元気なんか、とても残ってはいなかったので、そのまま契約しました。

 

話が分かりにくかったとはいえ、私の希望を組んで、できるだけキャッシュバックの金額が高くなる方法を考えてくれたのは確かです。
その結果、受け取れるキャッシュバックは25,000円まで上がりました。
アフィリエイト報酬と合わせると、トータルで63,000円です。

 

いったん送られて来るホームゲートウェイを返品し、一カ月以内にオプション解約の電話もかけないといけないけれど、それでキャッシュバックの金額が上がるのなら、電話ぐらいかけますとも!

しかし、このホームゲートウェイを受け取らずに返品したことを、ずいぶん後になってから、おおいに悔やみました。その理由は、一番最後で明らかに。

 

工事当日の困った!

こうして迎えた開通工事の当日。

まず、我が家の形態ですが、分譲マンションの賃貸入居です。戸数は20個以上。
月の基本料金は一番お安い価格帯です。契約した代理店さんが確認してくれたところ、建物への光ケーブルの引き込みはすでに済んでいました。

光ケーブルはどこに来ているんだ?

次に室内ですが、電話のモジュラージャックはLDKにあります。
このジャックが電話線だけなのか、光ケーブルもここまで来ているのかは、見た目では分かりません。
そこで、マンションの管理会社に、フレッツ光の開通工事を行うことを知らせ、光ケーブルはどこに来ているのかを聞いてみました。回答は、

 

「わかりません」
・・・・・・・・

 

「すぐには分からないので調べて折り返します」

ではありませんよ、「わかりません」で回答は終わり。

 

この管理会社さん、某、超!大手ハウスメーカー系列の不動産管理会社です。
さすが大手!、強気の営業スタイルですね(笑)。

わからないから工事に来た方に見てもらうことに…

ということで、ふたたび工事の当日。
LDKのモジュラージャックには光ケーブルが来ていないことが判明しました。
あわててNTTに電話で確認すると、このマンションには確かに光ケーブルが来ていると言われます。

そこで、お風呂の換気扇カバーを外して天井裏を確認すると、確かに光ケーブルがあります。つまり、どこかのコンセントに光ケーブルが来ている、はず。

 

さて、困った、そのコンセントはどこだ……

 

引っ越し当日にちゃんと確認しておけば…

その後、工事のかたと家中を探し回ったところ、タンスで隠れている場所に、存在を知らなかったコンセントを発見しました。そのコンセントに電話のモジュラージャックがあり、そこに光ケーブルがきていたんです。

家具の配置は引っ越し業者さんが行ってくれたので、コンセントの位置をちゃんと把握していなかったんです。

 

その後はあわてて家具を大幅に移動し、まるで引越し直後のような大騒動でした。
ま、でも、追加の費用が発生することもなく、無事に通信確認の工事は終了しました。

 

「開通工事」のあとの悪夢

「工事」の内容は、専用の光コンセントを設置し、通信の確認を行うところまで、です。
工事に来たかたは、機器を箱から出そうともしませんでした。理由を聞くと、
「それを触ってしまうと追加費用が発生するから」、だそうです。

すぐに終わると思っていたら…

ここから先は自分で設定をやらなければいけません。セットアップは契約外ですからね。
気を取り直して設定ガイドを見ながら自分で接続を開始。まあ、なんとかなるだろう、と、
のんきに構えていました。

 

私のメインパソコンは、DVDドライブが無いノートパソコンです。
設定ガイドには「パソコンと機器の接続が正常に完了している場合、セットアッププログラムのダウンロードが可能」と記載されています。ところが、何度やってもできません。

 

ガイドをよく見ると、小さなカッコ書きで(ホームゲートウェイ利用の場合のみ)と記載があります。なるほど……、つまりコイツ(ただのONU)ではできない、のだな!
さて、どうする?

自分で光通信の初期設定をするのに必要なもの

ちょっと分かりにくくなってきたので、ここで簡単におさらいをします。
ホームゲートウェイではなく、ただのONU(一番安い最低限の光変換装置)しかない場合、
初期設定を行うためには、DVDドライブのあるパソコンと、何かしらの通信回線が必要だということです。

 

初期設定を外注さんに頼む場合は、業者さんが設定に必要な機器を持参されるでしょう。
しかし、自分で設定を行う場合は、ホームゲートウェイが必要なんです。
そう、言われるままに受取り拒否で送り返した「あれ」です。

「なんだよ、必要だったんじゃん!!」

 

…と、いまさら言っても仕方がないので、気を取り直して必死に方法を考えました。

今あるものを使ってやるしかない!

さいわいにも、DVDドライブがあるモバイルノートを持っていたので、ひとまずこれで条件をひとつクリアできます。

さらにさいわいなことに、私はポケットWi-Fiを持っていました。
屋内は電波状態がかなり悪く、なかなか安定した通信の確保ができませんでしたが、窓際でかろうじて通信が確保できる場所を探しました。

 

こうして、DVDドライブで初期設定用のディスクを読み込み、ポケットWi-Fiで通信を確保しながら、なんとか無事に初期設定を行うことができました。

 

この記事を読んだだけでは、すぐに解決したように聞こえるかもしれませんね。
ですが、私はそんなに頭の回転が速いわけではありません。実際には、まる2日ほどかかりました。その間、頭を抱えて、なんどもなんども試行錯誤を繰り返しました。
途中でいやになってしまい、NTTを呼ぼうかと何度思ったかしれません。

事前に確認しておけば……

後になって反省することがたくさんありました。
たとえば、すぐに送り返したホームゲートウェイ。あれさえあれば、初期設定はとっても簡単だったはず、なんです。知っていれば、あれほど急いで返品はしなかったのに……

 

後で考えると、レンタル料は安かったし、結局、半年後にはWi-Fiルーターが必要になって購入したので、結果的には借りておいた方がよかったんです。
でも、契約当時は「1円でも安く!!」で頭が凝り固まっていたので、そんなものはいらない!って思っちゃったんですね。

 

それでも私はラッキーでした。
たくさんの「困った!!」が発生しましたが、結果的には、追加料金を払うことなく、
初期設定を行える機器をたまたま持っていたんです。

もし、DVDドライブがあるモバイルノートを持っていなかったら、
もし、ポケットWi-Fiを持っていなかったら、いずれか一方がなくても、初期設定をひとりで行うことはできなかったでしょう。

知らないことを想像するのはむずかしい

初めてやることに、最初から万全の準備ができる人はそうそういません。
知らないことを想像するのは、だれだって難しいものです。

 

私の体験談を見ればわかるように、家電ショップやパソコンショップに出向いても、型通りの対応しかしてもらえません。どこが一番安いか、何が必要かなど、だれも教えてはくれないんです。

 

「じゃ、だれに聞けばいいのよ」

そんなときのは、気になるブログの運営者さんに直接聞いちゃえばいいんです。
私も、過去に思い切って聞いたことが何度もあります。
中には答えてくれない人もいますが、真面目にブログを運営されている方は、丁寧に答えてくれます。もちろん、私でよければ喜んでアドバイスさせていただきます。

ウィジェットに広告コードを貼り付ける必要があります。