こんにちは、たなかりんです。在宅でWebライターというお仕事をしています。
ネットビジネスをやっているけど、ネットの通信速度が遅くてちっとも作業が進まない……、
少ない時間で効率よく行うには、どうしたらいいのかな?、こんな悩みはありませんか?

そこで、フレッツ光などの高速有線通信の必要性についてお話します。

ネットビジネスを行うのに、光回線は必要?

結論から言うと、本気で稼ぎたいならもちろん必要です。

近年、工事が不要で通信速度も速いWi-Fiルーターが普及したことで、
有線ではなくポケットWi-Fiでネットを利用している方が大幅に増えています。

 

特に、市街地で賃貸住宅に一人暮らしの方は、ほとんどの方がポケットWi-Fiや
モバイルネットワークでネット通信を確保しているのではないでしょうか?

 

家電量販店に行くと、

「フレッツ光から手軽なWi-Fiルーターに乗せ換えようキャンペーン!」

なる宣伝がデカデカと張り出してあり、思わず苦笑してしまいます。

 

電気屋さん、それは「家を売って賃貸に住もう!」って言ってるようなものだけど、
分かって言ってるのかな??と、首をかしげます。

 

なぜ高速有線通信が必要なのか?

「スマホ1台、1日5分の作業で月に10万円!」

こういうキャッチコピー、よく見かけませんか?
けれど、あなたが良識のある方なら、スマホ1台1日5分の作業で安定して継続的に月に
10万円稼ぐことができるのなら、真面目に働く人はひとりもいなくなるだろう、
ということぐらい、容易に想像できますよね。

 

企業に雇われて真面目に働いている人が大勢いるのは、多くの人がそんな美味しいビジネスがあることを知らないからではありません。
安定して継続的には稼げない、ということを知っている、あるいは「知った」からです。

 

ポケットWi-Fiはあくまでもサブ的なアイテム

もちろん、ポケットWi-Fiには多くのメリットがあります。
外出先でもインターネットが快適に利用できるので、できれば持っておきたい必需品の一つです。しかし、あくまでもサブ的なアイテムとして、です。

 

Wi-Fi通信には、多くのデメリットもあります。
このデメリットは、いずれもネットビジネスに欠かせない作業です。例えば、

  • 長時間の動画視聴や通話をする際、通信が途絶える危険性がある
  • 重いデータのダウンロードに長い時間がかかる(できない場合もある)
  • ブラウザで複数のページを同時に開くと、通信速度が極端に遅くなる

 

いずれも工夫すればなんとかなる内容ですが、あなたが本気でネットビジネスでお金を稼ぎたいと考えているのでしたら、これらはいずれも致命傷です。

 

ネットビジネスを実践するには、数時間の動画を視聴したり、重いデータファイルをダウンロードしたり、サーバーにたくさんのデータをアップするのは日常茶飯事です。
ブラウザで10ページ以上のサイトを同時に開くことも珍しくはありません。

 

私がまだポケットWi-Fiだけで通信を行っていたころ、無意識のうちに時間のかかる作業を
避けていました。
つまり、デメリットの項にあげた内容ですね(笑)

時間のかかる作業ほど、結果的には大きなお金を稼ぐことができます。
これを避けるということは、大きなお金を稼ぐことをあきらめるようなものです。

 

光通信を導入したとき、ようやくそのことに気付きました。
いまでは、同時進行で複数の作業をサクサクと快適に行っています。

ワードでレポートを書きながら、ブラウザで複数ページを開いて検索し、
同時にメールもチェックし、ついでに動画もチェックし、
気分転換にTwitterでつぶやきます(笑)

 

重いデータのダウンロードをしながら、同時にレポートを書くこともあります。
photoshopで画像処理を行いながら、すぐにサーバーにアップすることもあります。

 

これほど多くの作業の同時進行は、ポケットWi-Fiでは行えません。
スペックの低いパソコンを使っていても、行えません。

 

本気でお金を稼ぎたいなら、本気で投資をしなければいけません。
給料のいい仕事に就きたいなら、高品質のビジネススーツやバッグ、靴などをそろえるのに、最低でも10万円の初期投資が必要ですよね。ネットビジネスも同じなんです。

 

ポケットWi-Fiやスペックの低いパソコンを使っていては、行えないことがたくさんあります。もしあなたが、ネットビジネスで本気でお金を稼ぎたいと思っているなら、
まず先に本気で必要な投資を行う覚悟が必要です。

 

そうは言っても、お金がないと多額の投資はなかなかできませんよね。
いかにお得にフレッツ光に加入するか?については、こちらの記事で紹介しています。

http://tanakarin.com/hikarikaisen2/

ウィジェットに広告コードを貼り付ける必要があります。