こんにちは、たなかりんです。在宅でWebライターというお仕事をしています。
今日はちょっと衝撃を受けたニュースをお知らせします。
ライターに特化したクラウドソーシング「サグーワークス」に関するニュースです。

「サグーワークス」がサイトレイアウトを大幅に更新しました!

↓↓↓サグーワークスの告知記事はこちら
http://works.sagooo.com/blog/archives/3015/

 

と同時に、登録ライターは、基本プロフィールに多くの個人情報の記載が必須となりました。

 

「なにそれ!?、面倒くさい……」

こんな声も聞こえてきそうですが、私に言わせればいままでが甘すぎました。

 

本名も所在地も不明でOK、身分証で本人確認の必要もない。
そんな相手、私なら信用できません。
だって、仕事をしていただいて、お金を払うんですよ?

 

いくら専属スタッフが納品前に校閲するとはいえ、
得体のしれない相手に原稿料を払うなんて、いかがなものでしょう?

 

はっきり言って、今回更新された内容でも、まだまだ甘すぎます。

 

お金のやりとりを行うのに、本名を告げる必要がない!?

クレジットカードを作るときに、本名の記載が不要ですか?
いや、必須ですよね(笑)

 

ネットショップはもちろん、ヤフオクやメルカリなどのフリマでさえ、
取引を行うには本名を告げなければいけません。
荷物を発送してもらうわけだから仕方がない?
確かにそれは大きな理由のひとつです。
だって、実店舗や路上で買い物をするときに、本名の提示は不要ですからね。
ですが、もうひとつの大きな理由は、トラブル防止と予防のためです。

 

買い物ではなく働く場合で考える方が分かりやすいですね。
例えば、日雇いの臨時のバイトをするのに、本名を告げる必要がないかといえば、
必ず必要です。身分証明書の提示も必要です。
必要がない仕事もあります。
それは、まっとうな仕事じゃありません。
まっとうじゃないというのは、仕事の内容がどうこうというより、
法的な手続きをしていない「違法な仕事」ということです。
いくら報酬が高くても、違法な仕事をしたいですか?

 

Webライターの仕事が得られるクラウドソーシングは複数ある

私が主に利用しているサイトは4社です。
サイトの運営方法や代金の支払い方法は、サイトによって異なりますが、
サグーワークスは、個人的には初心者さんに一番おすすめのサイトだと思っています。

 

ですが、その理由は、本名など個人情報の提示が必要ないからではありません!(笑)

 

ほんの昨日まで、サグーワークスにアカウント登録するのに必要な情報は、
冗談みたいに少ない内容でした。最初に登録したとき、

「仕事をしてお金をもらうのに、たったこれだけでいいの!?」、と衝撃を受けました。

 

今日現在でも、決して多すぎる内容ではありません。
本名の提示は、いまだに「任意」です。
これはサグーワークスに限ったことではありません。

 

ただし、サイトによっては、身分証明書の提示や、電話による本人確認を行うことで、
信頼できるライター(人間)だと判断され、請け負える仕事が増えます。
一方、サグーワークスにはこのようなシステムはありません。

 

ぬるい・・・・・・・・・・!!!

 

運営の方々は、ネットの危機を本当に理解しているのだろうか?

ときどき疑問と不安に襲われます。

 

少し前に、いきなりログイン画面でロックがかかったことがあります。
「トラブルがあったため、ログインIDを再設定してください」、というようなメッセージが
画面に出ていました。
想像ですが、サイトをハッキングされたんでしょうねえ、、、

 

そして今回の大幅なサイトリニューアル。
ハッキング対策の強化を行ったんじゃないかしら?と、ひとり勝手に想像しました。

 

そんなサグーワークスですが、真面目にライターの仕事をしたいと思っている方には
やはり一番おすすめなんです。
だからこそ、マジメに仕事に取り組んでいる人間が損をするようなシステムは、
改めてもらいたいなあ~と思います。

 

おすすめの理由はとてもひと言では言えないので、次回以降の記事でご案内しますね。

ウィジェットに広告コードを貼り付ける必要があります。